田舎 Times

成りたいものが在ったんじゃない、成りたくないものが在っただけなんだ

嫁さんのお父さんのiPadのiOSをアップデートしてぶっ壊しちゃった話

f:id:daichang1982:20160320142052j:plain

震災直後、メシが喉を通らず3日で5kg痩せました、だいさんですどうもw

 

2011年3月11日に起きた東日本大震災で、嫁さんの実家が津波の被害に遭い、全壊しました。

その約一ヶ月前に長女を出産して、2歳になる長男と一緒に実家がある宮城県気仙沼市に里帰りしていた嫁さん。

津波に押し流されて、倒壊した屋根や家屋が迫り来る中を無我夢中で高台へ逃げ登ったそうです。

 

 

震災から数年は仮設住宅に住んでいた嫁さんのご両親。

たくさんの方が支援に来られて、物資の中にはノートPCやiPadもあったそうです!

ただ、震災前からネット環境の無かった地域で、光ファイバーは勿論、ADSLすら来てませんでした。

当然の事ながら、OSってなんだべ、アップデートってなんだべって話になりますよね、ネット環境が無いとオンラインでアップデート出来ないわけですから。

で、2年前に気仙沼市内に念願の一戸建てを建てて、仮設住宅からも引っ越し、やっとこさネット環境を備えたわけです。

折角環境も整ったことだし、Face Timeで孫といつでもテレビ電話が出来るようにしてあげようかと思ったんです。

f:id:daichang1982:20160320140835p:plain

こんなんを思い浮かべてました。

 

しかしながら、震災のあった2011年から一度もアップデートされてなかったため、アプリ自体が入ってなかったんです。

じゃあまずはアップデートだって事で自分のMac Bookを開き、iTunesに接続し、iOSのアップデートへと進みました。

 

ここからが大変でした。

この画面から一向に進んでくれない。

更に、iTunesiPadを認識してくれないw

変な汗出まくりですw

このiPad自分のじゃないですし、嫁さんちで買ったものでもありません、「支援物資」ですよ!w

結局、何度も認識しないループを繰り返してもどうにもならなかったので、Appleに直接問い合わせる事にしたのでした。

 

次回、Appleさんの神対応編に続きます。