田舎 Times

成りたいものが在ったんじゃない、成りたくないものが在っただけなんだ

暴力教師のニュースを見て、過去に自分の学校にもいたとんでもない教師の事を思い出した。

f:id:daichang1982:20160405154941j:plain

 

男児に体罰、「一生許さへん」=男性教諭を戒告処分―大阪市教委

headlines.yahoo.co.jp

 

いつの時代にもおっかない先生ってのはいるもんですね。

自分の事、権力の象徴かなんかだと思ってるんですかね?w

 

私が小学校の頃にも、とんでもない先生がいましたよ。

 

私の小学校は各学年2クラスあって、私のクラスの担任ではなかったのですが、隣りのクラスの担任、O先生がちょっとおかしな奴でして。

ほんともう、訴えれば余裕で勝てるレベルの人間でした。

 

20年経った今でも鮮明に覚えてるエピソードがあります。

 

私の市内では、年に一度「市内音楽祭」というのがあって、各小学校から代表の学年が出場して、コンクールをするんです。

 

そのコンクールに出場するための練習中に、事件は起きました。

 

あ、ちなみに伴奏を担当していた音楽の先生も、スケバンみたいなオバサンでしたw

 

で、音楽の時間に2クラス揃って歌の練習をしていたわけです。

伴奏はスケバン、スケ伴先生。

歌の練習というよりは応援の練習のようでしたね、みんな声は枯れ、それでも「コエダセヨオイー!!」とスケ伴に罵声を浴びせられ、泣きながら歌う女の子もいました。

 

そこに、パイプ椅子に座っていたO先生が立ち上がり、ストレッチをしながら一言、

 

「あの〜、皆さんさ、ちゃんとやってくれないと困るんですよぼくたち、お願いしますよ〜。」

 

 

と言い放った刹那!!

 

 

O先生の右足一閃、近くにあったエレクトーンをふっ飛ばしたのです。

 

そして一言、

 

 

「こうなりたくなかったらね、やれ、コラ。」

 

 

もう、何がどうなってこの人はエレクトーンに当たったんだよと。

理不尽極まりないですよねw

 

ちなみにその先生、まだ現役です、そろそろ定年だとは思うけど。

 

力でもって「態度を改めろ」というのは、考え方としてちょっとおかしいと思います。

暴力は良くないよ。